06. 3月 2014 · 食事会や挨拶文 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 結婚

「うちは東京に住んでる私の両親と、長崎から上京したダンナの両親とで天ぷら食べに行きました。
そしたら初対面の父親同士がめちゃくちゃ意気投合!最後は抱き合って別れを惜しんで。
最初は食事会なんかめんどくせ~って思ってたけど、それ見たら、やってよかったなって」そして、この食事会よりもつと大事なのが、挨拶状。
葉書1枚でもいいから、結婚したら報告するというのが常識だ。
っていってもねー、この挨拶状ってのが、また頭の痛いもんなんだな。

誰に出すか、いつ出すか、写真入りにするか文字だけか、どんな文面にするか…うう悩む悩む。
まず誰に出すかだけど、基本的には毎年年賀状を出している人には全員に。
でも、超仲のいい友達や親戚にはあらたまって年賀状なんか出してない人も多いでしよ-?でも、こういう人たちにも忘れずに出そうね。
特に、ふだんあまりつき合いのない親戚には、こういう機会ぐらいしか結婚の報告はできないと思うべし!
それと時期に関していえば、もちろん早いほうがベター。

ここであってそうなったわけで、「○月○日に入籍(結婚)しました」と書くのがふつうだけど、その月日よりずーつと遅く届くのもナンだからね。
時期によっては、年賀状兼用、暑中見舞兼用で出す人も多い。
で、ほぼ100%引っ越し通知を兼ねてる。で、写真入りか文字だけか。
「自分たちの写真入りは恥ずかしいけど、人からもらうときは写真入りのほうがおもしろい。
遠くに住んでる友達は久しぶりに顔が見られるし、
『ふ-ん、このダンナ、けつこうイヶてるじゃん(注)逆もアリ)』とか品定めしたりする楽しみがあるから(笑)
というのが、大部分のホンネみたいだ。

出典:出会える アプリ


DN186_L

Comments closed.