06. 3月 2014 · 聴覚を刺激されると愛を感じるタイプ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 出会い

“聴覚”とは耳で聴くこと、つまり、愛する相手に絶えず「好きだよ」、「愛してるよ」と言われることによって愛を感じ、安心できる人を示します。
「四六時中も好きと言って…」と、サザンの歌にありましたが、まさにこれです。
愛されていると実感するにはいつもいつも、好きだと言ってくれなくちゃイヤIという人です。
欧米人のように、llIIoveyou.lloveyou.IIoveyou…・・・”と、耳にたこができるほど繰り返されても、もっと言ってというタイプ。
この聴覚タイプの人は、いつもただ自分のそばにいてくれるだけの人にはもの足りなさを感じ、愛の言葉もなくいきなり抱きしめられようものなら、なんて乱暴なのと平手打ちさえしかねません。
いつもやたらベタベタと手を握ったり、肩を抱きたがる相手には、少しずつ嫌悪感を抱き、そばにはいてくれるものの、TVや読書に熱中してちっともかまってくれない相手には、心が冷めていってしまうのです。
毎日一緒にいてくれなくてもいい、肩なんか抱いてくれなくてもいい、とにかくやさしい言葉をかけてくれるだけでいいのに……、と思っている人なのです。
多いこのタイプの男性には、毎日1分でもいいからまめに電話することです。
たとえ会えなくても、相手の声を聞くだけでとりあえずは、心のどこかで安心するのです。
ありふれた会話の端々で見せるあなたのやさしさを彼は敏感に受けとめ、とても嬉しく感じることでしょう。

出典:

EC111_L

06. 3月 2014 · 視覚を刺激されると愛を感じるタイプ はコメントを受け付けていません。 · Categories: 出会い

“視覚”とは目で見ること。
つまり、目で愛情を感じるタイプ。
とにかく、好きな相手のことを見ていたい。

彼が仕事をしているところ、ご飯を食べているところ、笑っている顔、真剣な顔、ぜ-んぶ、彼の一日を見ていたい。

「あなたのすべてを写す鏡がほしい…」、という人です。
愛する相手の姿が自分の視野の中にいれば、それだけで安心し、愛に満ちた気分になれる人を示します。
この視覚タイプの人は、毎晩何時間も長電話しても、どんなに愛情込めた手紙を送られてもたいして嬉しくもなく、安心もできません。
相手の顔を見ないことには、なんだか心が落ち着かないのです。

そのくせ、愛する人が、自分のそばにいると、自分の視界の中に姿があるというそれだけで満足してしまい、とりたててスキンシップをはかろうともしないし、
「愛してる」とか「好きだよ」などと言われても「あ、そう」といった感じ。
別に愛の言葉がなくても、強く抱きしめられなくても、全然かまわないのです。
とにかく、毎日いつでも一緒にいたい、姿を見ていたい、という人なのです。

反対に、知り合った彼がこのタイプでけんかをしてしまったら、なにをおいても、とにかく彼に会いに行くことです。
1分でも1秒でもいいのです。
電話で何時間言い争ってもらちはあかず、ますます状況はややこしくなるだけです。
もし離れた場所に二人がいるとしたら、電話より手紙を書くといいのです。
手紙に書かれたあなたの文字に、彼は温かさや、やさしさを感じるのですから。

参考:

EC101_L